亀鳴く
亀鳴く
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 亀鳴く
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 亀鳴く

亀鳴く

通常価格
¥1,650
販売価格
¥1,650
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

『亀鳴く』( 酒井匠(酒印))
A5・56p + CD-R/価格:1,500円+税
春には、鳴かないはずの亀が鳴く――
不思議な俳句の季語「亀鳴く」をめぐる書き下ろし・録り下ろし作品、5篇と4曲を収録した、CD-R付ZINE。

■参加作家
オカヤイヅミ @okayaizumi
くどうれいん @0inkud0
トオイダイスケ @daisuketoi
中村さやか @Lebe_mann
福嶋伸洋
岬ロカ
山口優夢
ゆnovation @UWannasing
yohei @we_are_myhawaii
(*あいうえお順、夫々の簡単なご紹介はこちら

写真=金本涼子
イラスト=カニコーセン @kanikoosen
編集=酒井匠

■収録内容
巻頭グラビア
[小説] 三月の海/福嶋伸洋
[小説] ハイパースプリングタートルナイト/くどうれいん
[漫画] 夕亀/オカヤイヅミ
[エッセイ] 亀が鳴くように/山口優夢
[短詩(自由詩)] 亀鳴くにまつわる、彼女の傍点/中村さやか
[ミニコラム] おとな科学電話相談室「亀って本当に鳴くんですか?」
[ミニコラム] 「亀鳴く」のプレイリスト
[音楽]
Tortoise Head/yohei
walkin’/ゆnovation
days of carapaces/トオイダイスケ
Sometimes Turtle Sings In April/岬ロカ

■「亀鳴く」とは?
古くから俳句に用いられている春の季語で、「春になると亀の雄が雌を慕って鳴くというが、実際には亀が鳴くことはなく、情緒的な季語」(角川書店『俳句歳時記』)と説明されています。
春ののどかで、ぬぼーっと間の抜けた感じや、少しロマンチックな感じ、同時にどこか不穏さや、SFのような趣も感じられる、おもしろい言葉です。

亀鳴くや人に魔のさすときのあり(鈴木真砂女)
あそびをり人類以後も鳴く亀と(田中裕明)
亀鳴くや身体のなかのくらがりに(桂信子)
大丈夫づくめの話亀が鳴く(永井龍男)
亀鳴くや事と違ひし志(安住敦)
亀鳴くや皆愚かなる村のもの(高浜虚子)
亀鳴くや行きしことなき本籍地(小川軽舟)

『亀鳴く』(CD-R & Magazine)は、9人の書き手・音楽家のみなさんに、この「亀鳴く」という言葉をテーマに、小説・エッセイ・音楽etc.を作りおろしていただき、それをまとめたものです。
(※本書およびCD-Rには、俳句作品・句評・俳論は一切出てきません。)

■編集・発行者プロフィール
酒井 匠
1983年2月東京生まれ、神戸在住
フリーランスで編集、企画、イベント制作、コーディネーター等を務める
ゲストと共に神戸の街を巡る吟行句会イベント「Gabarito KOBE」主催
『real local神戸』にて「神戸音楽カレンダー」連載中

(出版社サイトより)

🌏TOUTEN BOOKSTOREの通販で使用される梱包材は出版輸送時のリユースのものとなります。あらかじめご了承くださいませ。🌍