『ほとんどない』ことにされている側から見た社会の話を。

『ほとんどない』ことにされている側から見た社会の話を。

通常価格
¥1,760
販売価格
¥1,760
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

『『ほとんどない』ことにされている側から見た社会の話を。』
著者:小川 たまか
出版社:タバブックス 

判型:四六判
ページ:212P

性暴力被害、痴漢犯罪、年齢差別、ジェンダー格差、女性蔑視CM、#metoo...多くの人がフタをする問題を取材し、発信し、声をあげ続けるライター・小川たまか初の著書。2016年から2018年に起きた、性犯罪やそれにまつわる世論、性犯罪刑法改正、ジェンダー炎上案件などを取り上げ、発信してきた記録です。

小川 たまか  (オガワ タマカ)  (著者

1980 年、東京都品川区生まれ。主に性暴力、働き方、教育などの取材・執筆。性暴力被害当事者を中心とした団体、一般社団法人Spring スタッフ。性暴力と報道対話の会メンバー。

 

(BOOKデータベースより) 

🌏TOUTEN BOOKSTOREの通販で使用される梱包材は出版輸送時のリユースのものもあります。あらかじめご了承くださいませ。🌍