日刊イ・スラ 私たちのあいだの話

日刊イ・スラ 私たちのあいだの話

通常価格
¥1,980
販売価格
¥1,980
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

著者:イ・スラ
翻訳:原田里美、宮里綾羽
版元:朝日出版社
四六判 288ページ

 

27歳の私は “毎日” 文章をメールで送り始めた。

学資ローン返済のために
ひとりで始めた「日刊」連載プロジェクト。
恋人、家族、友人、文章教室、日々の運動。
愛すべき他人から発見した、私たちと“地続き”の話。

韓国の新星を日本初紹介。
みずみずしい随筆(エッセイ)の息吹。

- - - - -

2018年、当時27歳だったイ・スラは、250万円の学資ローンを返済するために、毎日1本、文章を書いてメールで配信する連載プロジェクトを始めた。その名も「日刊イ・スラ」。

「誰からも依頼されずに文章を書きます。月・火・水・木・金曜日は連載して、週末は休みます。購読料は1カ月で1万ウォン(約千円)、20編送ります。1編が500ウォンなので、おでん一串よりは安いですが、それ以上に満足していただけるように努力します」

連載はたちまち反響を呼び、その半年分の文章をまとめた『日刊イ・スラ 随筆集』は600ページ近い分量にもかかわらずベストセラーになる(2018年の全国独立書店が選ぶ「今年の本」にも選出)。

書かれているのは、子供時代の淡い恋心、山登りでの祖父との喧嘩、恋人と誕生日に交わした言葉、文章教室での子供たちの作文、母が自分を妊娠したときの記憶、ヌードモデル時代の話……。「日記」のような形式でありながら、1本1本が独立した短いエッセイ。日常に転がっている愛とおかしみが、ときに文体を変えて、みずみずしく描き出される。

日本語版『日刊イ・スラ』は、イ・スラ初の散文集『日刊イ・スラ 随筆集』と、プロジェクトのシーズン2をまとめた『心身鍛錬』の2冊から、41編の文章を厳選してオリジナル版とした。韓国の新しい書き手を日本で初めて紹介する。

「何かについて気になり始めたら、私たちは動きだす。好奇心は愛の始まりだから」
……(「手紙の主語」)

「あなたを身ごもったときのことを正確に記憶している、と母は言った」
……(「懐胎」)

「逆立ちをしながら祖父のことを考えた。祖父もよく逆立ちをする」
……(「あなたがいるから深いです」)

最善を尽くしたら私は絶対に転ばなかった。テウもそうだったはず。
……(「滑って転ぶ練習」)

目次
日本語版の読者のみなさんへ
今日の寝室
唯一無二
驚きの慰め
上品な関係
滑って転ぶ練習
懐胎
祖父
あなたの自慢〈上〉
あなたの自慢〈下〉
ウンイ
ボキ
大言壮語
ハッピーアワー
ひそやかに
服と舞台
麗水前夜
手紙の主語
U n e x p e c t e d M o n e y
逃げるは恥だが役に立つ〈上〉
逃げるは恥だが役に立つ〈中〉
逃げるは恥だが役に立つ〈下〉
水の中のあなた
耐えがたいセリフ
未完成の歯
わが家のマニュアル
産婦人科
取扱注意
夢取引き
もうお兄さんはいない
気まずくなるのは怖くない
ジャイアントウーマン
保証金という問題
あなたがいるから深いです
愛の無限反復
手にした人生
新しい私たち
作家とイベント
社長、いかがお過ごしですか
明るい引っ越し
明日の寝室
「日刊イ・スラ」はどのように拡張していくのか
訳者あとがき

 

🌏TOUTEN BOOKSTOREの通販で使用される梱包材は出版輸送時のリユースのものもあります。あらかじめご了承くださいませ。🌍